面白い働き方研究室

何世紀にもわたって人類が「つまらない」と思い続けてきた「働き方」を「面白く改革する」ことを実験していきます。

仕事よりスマブラしていたい。

仕事ってつまらないですよね。

原始時代の頃から人間は木の実を拾い集め、マンモスを狩り、稲を育て、労働をして生きてきました。
その頃から誰もが「仕事ってつまらない」と思っていたのではないでしょうか。

このままではいつか誰も働かなくなる人類総ストライキ時代がきて、滅亡してしまうかもしれません。

そこで、何世紀にもわたって人類が「つまらない」と思い続けてきた「働き方」「面白く改革する」ことに挑戦するため、この研究室は始まりました。

面白い働き方研究室で研究していること

01
大それた「社会問題」の解決
働き方については様々な社会レベルの問題が残されています。「ブラック企業」「ハラスメント」「ジェンダー」などなど。そんな政府の偉い方々でも頭を抱えている問題に対して、賢い人には(必要の)無い知恵を駆使して解決策を講じていきます。
02
面白くて変な制度・福利厚生
たまたま株式会社人間は制度や福利厚生が「のほほん」としているので、個人的にやってみたい制度や福利厚生をあまりよく考えず実践していきます。弊社が社会のモルモットとして知見を溜めていける存在になれれば幸いです。

参考

室長の岡シャニカマはbizSPA!フレッシュで「働き方ヘン革」という記事の連載をしています。こちらでも様々な「面白い働き方」の研究を行っておりますので、気になる方はご覧ください。


この研究室のメンバー

室長
岡シャニカマ
劉 小溪

この研究室のおすすめレポート